R_SPHERE

ゲームプログラマー(LV5初プロジェクト終了)の管理人の日常です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソードアート・オンライン

川原礫 著
電撃文庫より現在2巻まで発売されています。

もともとはネット小説として公開されていて、
作者の別作品でのデビューと共に出版されたそうです。

簡単にご紹介しますと、
お話の舞台は、全感覚でダイブするネットワークゲーム
ソードアート・オンラインです。

そのサービス開始初日、
開発者の謀略によりユーザー1万人が、
ゲーム世界からログアウトすることができなくなります。

ログアウトするための条件は、ゲームをクリアすること。
そして、ゲーム世界での死は現実での死につながります。

そんな世界で、ゲームのクリアを目指す
主人公の少年キリトの物語です。


はっきり言って、
設定自体はそれほど目新しいものではありません。
そんな中で私がお気に入りの理由は、次の一言に尽きます。

「キリトがかっこいい」

この点に共感していただけるかどうかは、
皆さんのネトゲ廃人度によると思います。

ネトゲをやりこんだ経験のある方は、
是非、キリトに自分を重ねて、
ソードアートオンラインの世界を駆け抜けてください。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/24(月) 20:27:47|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あずまんが大王 1年生

新装版の1巻が出ていますね。
私も、作者のファンなので、とりあえず、購入しました。

そして、中を見て驚愕しました。

描き直されている部分が、とんでもなく多いです。
ぱっと見の印象で、8割くらい描き直されているように感じました。

まさに新装版にふさわしい作りです。
プロの仕事を実感しました。

まあ、私は電撃大王の方は、
本誌を読まないので、休載などの状況は把握していませんがw
  1. 2009/06/11(木) 20:50:47|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない 3」

伏見つかさ 著
電撃文庫より出版されている本書です。

最近、私の一押しのシリーズの最新刊です。
基本的にネタバレはなしの方向で書きますので、
まだ、本書を未読の方も安心して読んでください。

さて、ネタバレを禁止するとものすごーく書けることが制限されるのですが、
自分でそう決めたからにはがんばります。

このシリーズの見所として、
終盤の主人公(お兄ちゃん)の大立ち回りがあります。
毎回、困っている妹のために~、という訳なのですが、
笑いなくして読むことはできません。

今回の主人公は少し控えめでした。
しかし、今回は主人公にプラスして、
妹の友達との二人でやってくれます。
二人のテンションが上がりに上がっていて、
かなりカオスな展開です。
しかし、爆笑の後、最後にはきっちりと収束します。

何かラノベが読みたいけど~、という方には是非シリーズでお奨めしたい作品です。
  1. 2009/04/19(日) 21:25:43|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひょっとこスクール2

ガンガンコミックスから出版されました、
武凪知(天空宇宙流)氏の本作です。

今回の記事はカテゴリをレビューにしていますが、
内容は宣伝です。

氏は僕の中では相当上位にランクインするギャグマンガ家です。
とりあえず、立ち読みでもなんでも読んでみて貰えると嬉しいです。

読んでみて面白いと思った方は、
スクエニのゲーム4コマを漁ってみて下さい。

以上。
  1. 2009/02/22(日) 00:50:32|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない2」

伏見つかさ 著
電撃文庫より発行されています。
先の記事で書いた予告どおり、続刊です。

基本的にネタバレは含みません。
これから読もうと思っている方も、安心して読んでください。

全体の流れとして、中盤までは、
のんびりとした日常が語られ、
ほのぼのとした感じです。

なので、1巻に比べるとパンチ力に欠けるかな~。
と思いながら読んでいましたが、
最後に熱い山場が控えています。

妹のために兄である主人公が大立ち回りを演じてくれます。

兄の目的としては妹のためという、シリアスなものです。
そして、過程は涙(笑い泣き)なくしては読めませんでした。

最後の兄の大立ち回りは、展開としては1巻と同じでしたが、
兄の行動はよりパワーアップしています。

娯楽小説である「ライトノベル」としては、是非お勧めしたいシリーズです。
  1. 2008/12/18(木) 22:58:07|
  2. レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

CLOCK

ACCESS

プロフィール

RYO

Author:RYO
東京近郊在住の
ゲームプログラマー
(LV5 初プロジェクト終了)

Twitter

    follow me on Twitter

    最新記事

    最新コメント

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    日常 (25)
    仕事・学校 (34)
    ゲーム・アニメ・マンガ (42)
    レビュー (8)
    プリキュア (23)
    プログラム (5)
    お知らせ (1)
    未分類 (0)

    検索フォーム

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QRコード

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。